本文へスキップ
hospital2.png

保険薬局の皆様へ

                                     2014年10月28日

保険薬局 各位

                                  千葉大学医学部附属病院
                                  薬剤部長 石井 伊都子

院外処方せんへの検査値の記載について
 平素より当院発行の院外処方せんに応需いただききありがとうございます。
 この度、千葉大学医学部附属病院では地域保健薬局との連携の一環として平成26年10月28日(火)より、患者様の検査値の一部を処方鑑査に必要な情報として、院外処方せんに記載することといたしました。記載される検査値の基準や記載される検査項目、基準値など詳細につきましては下記をご覧ください。
 保険薬局において患者様の検査値を参照されることで、適正で安全な薬物療法推進につながるものと考えます。保険薬局各位のご理解・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 
 
 1.処方せんの印刷見本
 2.院外処方せんに表示する検査値の条件
 3.院外処方せんに記載されている検査値一覧表
 4.計算式
 5.よくあるご質問 準備中
 6.参考資料
   (1)第1回検査値の利用に関する勉強会[2014/9/4開催] 総論・電解質
                        (情報を更新いたしました。(5)の資料を参照ください)
   (2)第2回検査値の利用に関する勉強会 [2014/9/4開催] 腎機能
                        (情報を更新いたしました。(6)の資料を参照ください)
   (3)第3回検査値の利用に関する勉強会 [2014/9/18開催] 血液
   (4)第4回検査値の利用に関する勉強会 [2014/10/2開催] 肝機能・その他
   (5)第1回卒後教育研修講座(平成27年度)[2015/4/18開催] 総論・電解質
   (6)第2回卒後教育研修講座(平成27年度)[2015/5/16開催] 腎機能
   (7)第3回卒後教育研修講座(平成27年度)[2015/6/20開催] 肝機能・その他
   (8)第1回卒後教育研修講座(平成28年度)[2016/4/16開催]
      検査値を利用した処方鑑査(中級編)
    (9)第2回卒後教育研修講座(平成28年度)[2016/5/21開催]
      がんの薬物治療 〜抗がん剤(副作用)の対策〜
    (10)第3回卒後教育研修講座(平成28年度)[2016/6/19開催]
      ポリファーマシーを考える 〜適切な薬物治療のために〜
    (11)第1回卒後教育研修講座(平成29年度)[2017/4/22開催]
      褥瘡 〜その発生要因と薬物治療について〜
    (12)第1回卒後教育研修講座(平成29年度)[2017/4/22開催]
      DOACの適正使用
    (13)第2回卒後教育研修講座(平成29年度)[2017/6/17開催]
      臨床検査値の利用による処方監査の質向上を目指して 〜検査値表示2年間の総括〜
    (14)第3回卒後教育研修講座(平成29年度)[2017/9/2開催]
      千葉大学病院におけるプレアボイド実例紹介
 7.参考書籍
 8.千葉大学病院薬剤部監修による「THE 薬学的管理 -臨床検査値を活かした処方鑑査と
   服薬指導-」を発刊しました。


              renrakusaki.jpg