印刷専用ページへ

動画解説 手術を受けることが決まったら

写真1
動画は冊子と併せてご覧ください

手術を受ける患者さんの事前準備について動画で解説いたします。手術を受ける患者さんにお配りする「手術を受けることが決まったら」の冊子と併せてご利用ください。

動画再生画面について

  • 各タイトルの動画は再生が終了すると、自動的に次の動画が再生されます。
  • 再生を停止する場合は、左下の停止ボタン停止ボタン画像を押してください。
  • 左上の再生リストボタン再生リストボタン画像で再生する動画が選択できます。
  • 動画再生画面は右下の閉じるボタン閉じるボタン画像で終了します。

手術前の患者さんの準備について

手術の前にお薬の確認を

写真1

手術の前には、使用している薬について薬剤師が確認させていただきます。薬の確認がスムーズに進むよう、お薬手帳やお薬説明書をお持ちください。

動画を再生する(約3分)

リハビリは手術前から

写真2

手術後は、ベッドに寝ている状態が続くため、痰が増え、うまく出せないと肺炎などの合併症を併発してしまいます。リハビリ医師と理学療法士は、痰をうまく出せるよう、早期に歩けるよう、手術前から呼吸訓練と運動の指導します。

動画を再生する(約2分)

口腔ケアで早期回復!

写真3

手術後は、体力ばかりでなく免疫能が低下し、細菌感染しやすい状態になります。手術前から口腔ケアを開始してお口の中を清潔に保ちましょう。手術後の合併症を予防し、早期回復、早期退院が見込めます。

動画を再生する(約3分)

麻酔についてご理解を

写真4

麻酔科医と手術室看護師は、手術の前に患者さんの全身状態と手術内容を確認し、手術中の全身管理、麻酔管理の適切な方法を検討します。手術を受ける前に麻酔についてご理解ください。

動画を再生する(約3分)

手術前のリハビリテーション<実践編>

手術後は、ベッドに寝ている状態が続くため、痰が増え、うまく出せないと肺炎などの合併症を併発してしまいます。痰をうまく出せるよう、早期に歩けるよう、手術前から呼吸訓練と運動のリハビリテーションを行います。

呼吸体操

写真5

柔軟性と呼吸機能の向上を図るため、深呼吸に合わせて首や肩、胸まわりのストレッチを行います。

動画を再生する(約4分半)

腹式呼吸

写真6

手術後に肺炎や無気肺(肺がつぶれた状態)にならないよう、手術前から横隔膜を使って肺を広げる深い呼吸を練習します。

動画を再生する(約1分)

痰を出す練習(ハフィングと咳)

写真7

手術後に痰を出すことはとても重要です。いくつかコツがありますので、あらがじめ練習しておきましょう。

動画を再生する(約1分半)

ストレッチ

写真8

手術後の歩行練習がスムーズに行えるよう、運動で筋力・体力をつけます。
事前にストレッチで筋肉をほぐし、血の巡りを良くします。

動画を再生する(約1分半)

筋力トレーニング、最後に

写真9

筋肉を太く、強くするために、15回1セットの運動を1日1セットから開始し、2~3セットできるようにしましょう。
自宅では軽い息切れがおこる程度(約20分)の歩行運動や体操を行いましょう。

動画を再生する(約3分半)