印刷専用ページへ

高額療養費のご案内

70歳未満の方は事前申請の手続きが必要です

  • 事前の申請(注1)により入院費の窓口でのお支払い(注2)が一定の限度額(注3)の範囲内にとどめられる制度です。
  • この取扱いを受けるには、加入されている医療保険の保険者(注4)に事前の申請を行い、保険者から発行される限度額適用認定証を退院までに病棟のスタッフステーションに提示していただく必要があります。
  • 事前申請の手続きをされていない場合は、窓口でのお支払い時の限度額は適用されません。
  • 詳しくは加入されている医療保険の保険者(注4)までお問い合せください。
(注1)
70歳以上の方については、手続きの必要はありません。
(注2)
入院中に他科を受診した場合、歯口科とそれ以外の科で請求方法が異なる場合があります。
(注3)
窓口でお支払いいただく限度額は、患者さんの所得区分に応じて異なります。
食事の負担額や差額ベッド代などの費用は高額療養費の支給対象には含まれません。
(注4)
健康保険組合、全国健康保険協会(社会保険)または市区町村(国民健康保険)などを指します。
(注5)
70歳以上の住民税非課税世帯の方は、「限度額適度・標準負担限度額認定証」の申請が別に必要です。

70歳未満の方の高額療養費制度の利用

図

限度額は所得に応じてア・イ・ウ・エ・オの5段階に区分されます

区分 対象者 月額の上限額 多数該当
標準報酬月額83万円以上の方 252,600円+(医療費-842,000円)×1% 140,100円
標準報酬月額53~79万円の方 167,400円+(医療費-558,000円)×1% 93,000円
標準報酬月額28~50万円の方 80,100円+(医療費-267,000円)×1% 44,400円
標準報酬月額26万円以下の方 57,600円 44,400円
低所得者 住民税非課税 35,400円 24,600円

【例】 区分ウの方で、入院診療費が100万円かかった場合の窓口負担

通常の3割負担の場合 限度額認定書(区分ウ)ご提示の場合
1,000,000円×30%=300,000円 80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円

【例】 区分ウの方で、4月60万円・5月40万円かかった場合の窓口負担

  • 4月:80,100円+(600,000円-267,000円)×1%=83,430円
  • 5月:80,100円+(400,000円-267,000円)×1%=81,430円
合計 164,860円