印刷専用ページへ

臨床研究「VART study」について

2014年4月28日

臨床研究「VART study」について

このたび、「千葉大学研究活動の不正行為対策委員会」の調査報告により、本学で2002年から開始され2010年に発表されたディオバンに関する臨床研究「VART study」の論文において多くの問題点が存在することが明らかとなりました。

本学としても、この報告を受け、今後該当する論文の取下げを勧告することとなりました。

臨床研究は多くの患者さんにご協力いただいて実施するものであり、科学性・倫理性が求められているにもかかわらず、今回、臨床研究への信頼性を著しく損なう事態となりましたことは、誠に遺憾であり、心より深くお詫び申し上げます。

こうした事態を招きましたことを本院としても厳粛に受け止め、今後研究に携わる者の教育、本院における管理体制の強化、臨床研究データの信頼性確保と利益相反マネジメントの強化を徹底して行い、再発防止に取り組むとともに、以下の取り組みを実施いたします。

  • 倫理審査委員会の機能強化及び透明性確保
  • 研究責任者の責務の明確化と教育・研修の徹底
  • データ改ざん防止体制の強化
  • 臨床研究関連資料の保管義務
  • 研究機関と製薬企業の利益相反の管理体制

平成26年4月28日

千葉大学医学部附属病院長
山本修一

ページトップへ