top

HOME

一般撮影

血管撮影

透視撮影

乳腺撮影

泌尿器撮影

CT

MRI

RI

PET

放射線治療

システム

 

 一般撮影

line

chest 単純X線撮影は一般的に「レントゲン」といわれている検査です。主に胸部・腹部・骨格系の撮影を行います。全ての撮影室でデジタル装置(Computed Radiography)を使用しており、検査時間は短時間です。

また最近、最新のFPD(FPD:Flat Panel Detector)が導入され、従来よりも被ばく線量が少なく、鮮明な画像を提供しています。

 

 

x-rayp-fpd

line

 歯科領域撮影

 口腔内の撮影であるパントモ撮影や、顎関節規格撮影を行っています。またセファロ撮影といわれる頭部規格撮影を行い、睡眠時無呼吸症候群の診断に使われています。

pantomography

line

骨塩定量

dexa 2種類のエネルギーX線を用いる精度の高いDEXA法(Dual Energy X-ray Absorptiometry)を採用した装置で、身体の骨塩量を測定しています。骨粗鬆症などの診断に使用し、加齢による骨密度の変化や治療の効果判定に用いられます。

 

 

 

 

 

 

line

 病室回診撮影

portable 移動が困難な方には、病室での撮影を行います。FPD搭載移動式X線撮影装置を緊急時にも対応できるよう、ICU・HCU・CCUの専用機、NICU・GCUの専用機、その他一般病棟用の計3台を配置し使用しています。