pet

HOME

一般撮影

血管撮影

透視撮影

乳腺撮影

泌尿器撮影

CT

MRI

RI

PET

放射線治療

システム

 

 PETーCT検査

line

 PETとは、positron emission tomography(陽電子放出断層撮影)の略で、放射能を含む薬剤(18F-FDGなど)を用いる核医学検査の一種です。放射性薬剤を体内に取り込ませ、放出される放射線を特殊なカメラでとらえて画像化します。PETとCTが一体型となったPET-CTでは、PETによる生体の機能画像をCTによる形態画像を重ね合わせた鮮明な画像を一度で撮像できるため、病変部の位置の特定や正確な診断を行うことができるようになります。

 検査当日は、検査前最低でも6時間は絶食していただきます。これは組織のブドウ糖の代謝状態を正しくとらえるためです。水や緑茶などは飲んでかまいませんが、ジュースやアメ・ガムなど糖分を含む飲食はすべて禁止です。18F-FDG静脈注射した後は、待機室で1時間安静にしていただきます。その間、体を動かすと使った筋肉に薬が集まってしまうので、静かに過ごしてください。余分な薬は尿に排出されるので、撮影の前に排尿していただきます。

 検査は、ベッドに仰向けになっていただき、そのままベッドごとドーナツ状の撮影装置の中を通過しながら全身の撮影を行います。20分程度で撮影は終わります。

pet

本院と同じタイプのPET-CT(Biograph mCT Flow:SIEMENS)

line

 本院のPET-CT検査により得られた生体情報の例

1.悪性リンパ腫

lynphoma

   悪性リンパ腫患者のPET像(左),PET横断像(右上),PETとCTの融合像(右下)

 PETとCTの融合像を用いることによってより正確な病変の位置情報が得られます。PET-CTにより一度の検査で、この融合画像を取得できます。

 

2.肺がん

lk

 肺がん患者のPETとCTの融合画像(左:呼吸同期なし,右:呼吸同期あり,矢印:病変)

 呼吸の動きに影響を受けやすい部位に病変が存在する時は、呼吸同期法を用いることでより正確な病変の位置・形状・大きさなどの情報を得られる場合があります。

 

line

 18F-FDGの製造と投与

 本院では、PET検査で使われる18F-FDGを病院内にある専用の施設で製造します。まず、サイクロトロンと呼ばれる装置の運転、合成装置の準備が始まります。次に、サイクロトロンで30分間照射を行い18Fという放射性核種つくります。これを自動合成装置に輸送し、ブドウ糖に似た組成の18F-FDGという薬剤に合成します。無菌・純度試験を経て、合成された直後の18F-FDGは、そのままでは大変高い放射能を有しています。そのため、患者様の体重に合わせた適切な放射能量になるように自動に分注を行う装置を介して、点滴から肘の静脈へ薬剤の投与を行います。

hotcellhotcell2

mixer

本院と同じタイプの自動分注投与装置(UG-05:ユニバーサル技研)

 自動分注投与装置は正確な分注投与作業と、従事者の作業軽減、被曝低減のために使用されるもので、FDG原液情報(放射能量・容量・検定時刻)と投与条件(投与放射能量・容量・投与時刻)を入力することで、原液から指定量を連続的に分注し、投与する装置です。分注液は装置内検出器で計測され、放射能量が表示されるため放射能量を確認して自動投与ができます。