fluoroscopy

HOME

一般撮影

血管撮影

透視撮影

乳腺撮影

泌尿器撮影

CT

MRI

RI

PET

放射線治療

システム

 

 透視撮影

line

 少量のエックス線を用い透視を行うことで、リアルタイムでの観察が可能であり、選択的な造影検査として、各診療科がさまざまな検査を施工しています。

line

 消化管造影検査

 バリウムなどの造影剤を使用して、食道造影検査・胃造影検査や注腸検査を行っています。

6magenmagen2

line

 整形外科系検査

 経皮的に造影剤を注入する脊髄腔造影検査(myelography)、椎間板造影検査(discography)、肩関節や手関節などの関節腔造影検査(arthrography)を行っています。また透視下で、脱臼や骨折に対して整復などの治療も行っています。

6discographymyelography

 

line

 肝胆系検査

 経皮的肝胆管造影法(PTC:Precutaneos Transhepatic Cholangiography)という、皮膚もしくは肝臓より肝内胆管に穿刺し、胆道を造影する検査です。また、経皮経肝胆管ドレナージ(PTCD:PTC-drainage)という、PTCチューブを留置し、胆汁を排泄する治療も行っています。

line

 小児科

 小児の腸重積整復やバリウム造影、排尿時膀胱尿道造影(VCG:Voiding CystourethroGraphy)も行っています。

vcg

line

 婦人科系検査

 主に子宮卵管造影(HSG:Hysterosalpingography)を行っています。子宮や卵管〜卵管采までの経路を造影して撮影します。主に不妊の原因を調べる検査です。

line

 嚥下造影検査

 嚥下造影検査(VF:Videofluoroscopy xamination of swallowing)は、バリウムを混ぜた食べ物や液体を実際に飲み込んでいただき、嚥下機能を評価する検査です。動画として診療科に提供しています。

 

その他、中心静脈栄養カテーテル・ポート挿入などさまざまな手技にも利用されています。