印刷専用ページへ

公費負担医療等のご案内

千葉大学病院で利用可能な主な公費負担制度

公費負担制度には一般の医療保険の他に、難病などを対象とした公費負担医療と生活保護を中心とした公的扶助の2種類があります。
各制度の内容、給付の申請手続き等は、都道府県および市町村が窓口となります。お住まいの地域によって窓口が異なる場合がありますので、詳細は、市町村や健康福祉センター(保健所)等にご確認ください。

主な公的負担制度

公費負担制度 概要 主な窓口
自立支援医療(育成医療) 18歳未満で、生まれつきまたは病気のために身体に障害のある児童がその障害を改善するために手術等を受け、比較的短い期間に治療効果の期待できる場合が対象になります。 市町村
自立支援医療(更生医療) 18歳以上で身体障害者手帳をお持ちの方が、手術等によりその障害の除去もしくは軽減が期待できる医療を受ける場合が対象になります。 市町村
小児慢性特定疾患 原則として、18歳未満の児童で、対象疾患(悪性新生物、慢性腎疾患、喘息、慢性心疾患等)に該当されている方が研究事業による医療対象になります。 健康福祉センター
(保健所)
特定疾患 国が定める対象疾患に該当される方が研究事業による医療対象になります。 健康福祉センター
(保健所)
生活保護 生活保護(医療扶助)を受給されている方が対象になります。 福祉事務所

そのほかの公的負担制度

  • 養育医療
  • 労働上の災害(労働者災害補償、国家公務員災害補償、地方公務員災害補償)
  • 精神障害者通院医療等

ご相談窓口

公費負担医療のご相談は、医事課公費担当までお問い合わせください。

お問い合わせ電話番号 043-222-7171(代表)(受付時間:午前9時から午後5時)