センター紹介

未来開拓センター HOME > センター紹介

先進医療の開発・実践拠点

先端医療の研究開発から臨床応用までを一元的に進める「未来開拓センター」は、2008年5月、附属病院ひがし棟1階にオープンしました。従来の医療では不可能とされてきた様々な難病に関する新しい治療法を研究開発し、これを臨床応用するためのトランスレーショナル研究拠点となっており、関係者の注目が集まっています。さらに、すでにスタートした臨床研究から得られたデータの解析を基に、治療法をさらに発展させる基礎研究にも力をいれています。

同センターでは【未来開拓推進部】【未来開拓検証部】【未来開拓臨床部】の各部門が置かれ、免疫細胞治療、血管新生治療、遺伝子治療の研究開発から臨床応用まで、一元的かつ迅速に進められる体制が整っています。また、品質の良い細胞を安心して人体へ投与するために、製造管理および品質管理についてはGMPとよばれる遵守事項に準拠しています。そして、高レベルで無菌状態を保つ細胞調製室、遺伝子治療室、臨床試料の高度な解析が可能な最先端の設備も備えられています。

千葉大学医学部では、これまでにNKT細胞という特殊なリンパ球を用いた肺がん・頭頸部がんへの免疫細胞治療、自家末梢血単核球を用いた血管新生治療、サイトカン(細胞から分泌されるたんぱく質)による心筋梗塞治療など、数多くの治療法の研究開発、臨床応用が行われてきました。また、脂肪細胞を用いた酵素補充療法も臨床応用に向けて準備が進んでいます。

このほか、同センターでは本学の理学、薬学、工学、園芸学部をはじめ、学外の研究所や製薬メーカーとの連携を強める方針で、これにより千葉大学医学部の進める先端医療の研究開発は、一層の進展が期待されます。

※画像をクリックすると拡大します。

  • 概略
  • 機構図

PAGE TOP