センター紹介

ページタイトル画像

組織

未来開拓センターは、本学やその他の研究施設で育成されたシーズを基盤として前臨床研究を行い、その成果を効果的・効率的に臨床の場に応用していくための先進医療開発拠点として本学附属病院内に設置され、未来開拓推進部、未来開拓臨床部、未来開拓検証部の3部門からなっています。

未来開拓推進部

各診療科とプロジェクトの立案、書類作成・情報発信

新たに開発された先端医療を先進医療として推進したり、治療成果の国内外への発信、特許の申請や産学連携活動を積極的に支援したりすることを業務とする。製薬メーカーとの連携やベンチャー企業の育成もすすめる。

未来開拓臨床部

前臨床試験による成果からの臨床応用の基盤作成

動物レベルでの基礎研究(前臨床試験)による成果をヒトレベルへと転換させ、先進医療として開発することを業務とする。具体的には、細胞・遺伝子ベクターを調整(GMP施設)し、再生医療・細胞治療・遺伝子治療の研究・開発と臨床応用を行っていく。また、センター、医学研究院、医学部附属病院から選ばれたスタッフにより構成されるプロジェクトチームを編成し、医療技術者とともにプロトコルを遵守した先端医療を実施する。

未来開拓検証部

製造物・臨床試験の安全性や有効性の評価

臨床試験プロトコルの社会的・医学的倫理性と技術的側面からの安全性について検討し、実施中のプロトコルが厳正に遵守され、質の高いデータ管理システムが確保されているかをモニターする。また製造物の品質管理も行う。