印刷専用ページへ

“必ず”サプリメントの情報も

いのはなハーモニー37号(2014年4月) 掲載PDF(PDF形式、3,759KB)

「飲んでいる薬は?」と聞かれたら、
服用しているサプリメントも伝えたほうがいいですか?

患者さんのためのQ&A

イラスト

写真
薬剤部 副部長
鈴木 貴明

はい、サプリメントを含む健康食品も“必ず”伝えてください。中には、処方された医薬品との飲み合わせによって、薬効を強めたり弱めたりするものもあるからです。

最近の調査によれば、サプリメントをはじめとする健康食品を毎日利用している人は、約3割。利用経験のある人は約8割にのぼり、大人だけでなく幼児にも広く利用されています。

そんな身近な存在のサプリメントですが、現在、国内では行政的な定義はなく、食品に準じたものとして扱われています。そのため医薬品とは異なり、厳しい臨床の審査を経ていません。

「サプリメントを服用すれば健康になれる」というプラスのイメージのみを抱いている患者さんが多く見受けられますが、中には死亡に至るほどの健康被害を引き起こす粗悪なものや、医薬品の成分を含む違法なものもあります。必ずしも安全であるとは言い切れないのが現状ですので、正しい知識が必要です。

<ご参考>

「健康食品」の安全性・有効性情報(独立行政法人国立健康・栄養研究所)のホームページへ新しいウィンドウで開きます