印刷専用ページへ

めまいの原因は「耳」?

千葉大学病院ニュース31号(2012年10月) 掲載PDF(PDF形式、3,102KB)

めまいの原因は「耳」?

めまい

イラスト

めまいで来院した方にその症状を詳しく尋ねると、1. 周りがグルグル回る(回転性めまい)、2. フワフワ頭が揺れる感じ(浮動性めまい)、3. 立ちくらみなどさまざまな答えが返ってきます。
回転性めまいは平衡感覚の異常によるもので、吐気・嘔吐、ふらつきなども伴います。バットに頭をつけてグルグル回ると、めまい、吐気を感じ、ふらつきますが、これは耳の奥(内耳)の平衡感覚を感じる三半規管(さんはんきかん)の調子が狂うためです。
回転性めまいを伴う病気としては、なでしこジャパンの澤選手を悩ませた「良性発作性頭位(りょうせいほっさせいとうい)めまい」があります。三半規管の不調により、バット遊びと同じような症状が頭を動かすだけで起こるのです。内耳の病気は耳鳴や難聴だけでなく、めまいの主な原因でもあるのです。
まれに三半規管からの情報を処理する脳の異常でめまいが起こることもありますが、多くの場合は神経症状(片側の手足の脱力、うまくしゃべれない、片側の視野が見えない、意識障害など)を伴います。めまいに加えて、突然の神経症状がみられた時は脳卒中の可能性があります。すぐに救急受診をしてください。

(神経内科 准教授 朝比奈正人)