対象疾患 of 千葉大学形成・美容外科

HOME > 対象疾患その1

頭蓋顎顔面外科

頭蓋顎顔面外科

生まれ持った頭蓋・顎・顔面骨の変形を対象とします。小児においては形態のみならず、脳の発達の改善も期待して治療を行っております。

リンパ浮腫

リンパ浮腫

リンパ浮腫は日常生活に大きな支障を来す疾患で、患者さんの苦悩は非常に大きなものです。保存治療だけでも外科治療だけでもうまくいきませんが、施設によって大きく治療方針が異なるのが現状です。千葉大学では様々な状況に対応すべく、地域の施設と連携してリンパ浮腫治療に取り組んでいます。

bind_free058.jpg

新鮮熱傷、新鮮外傷

広範囲熱傷、小児熱傷、特殊部位熱傷などに積極的に取り組んでいます。救急科、リハビリテーション科などと協力して総合的な治療を行っています。

bind_free142.jpg

美容医療

美しくなることは心の健康、身体の健康をもたらします。しかし、美容治療による合併症はなるべく減らす必要があります。しかしながらリスクゼロの絶対安全な治療はありません。十分なカウンセリングの上、治療を行います。また、他院での美容治療での合併症に悩んでいる方もご相談ください。

bind_43.jpg

先天異常

生まれ持った変形、特に顔面、頭蓋顎顔面骨形成から口唇口蓋裂を中心に手足、耳介の変形を対象とします。機能はもとより形態をより正常に近づけ、社会生活のハンディキャップを少しでも減らすことを目的とします。

母斑・血管腫

血管腫・母斑・あざ

生まれ持った血管腫や母斑の治療を行います。vスターレーザー、色素レーザーによる赤あざ治療を行っています。青あざ、茶あざは治療を行っていません。

bind_free033.jpg

再建手術

悪性腫瘍切除手術後に生じた欠損に対して、自己組織を用いた移植術を行い、再建術を行います。

bind_free076.jpg

乳房再建・美容

乳がん手術後の欠損に対して整容面を重視した再建を行います。自家組織の移植による再建術を行います。
陥凹乳頭手術・腹部形成・脂肪移植なども行っています。


bind_free013.jpg

眼瞼形成

眼瞼下垂症、眼瞼痙攣、眼瞼内反・外反症を中心に顔面神経麻痺後の後遺症まで治療の対象とします。一度眼瞼下垂症を受けたけども症状の改善を認めない方も相談してください。

bind_89.jpg

顔面神経麻痺

ベル麻痺、ハント症候群、頭頚部腫瘍手術後などに生じた顔面神経麻痺治療の後に生じた後遺症に対する治療を行います。運動麻痺に対する治療のみならず、麻痺回復後の顔面痙攣、病的共同運動、顔面拘縮も治療の対象とします。

bind_25.jpg

難治性潰瘍、創傷治療

血行障害や疾患による治りにくい傷をケアします。

bind_44.jpg

瘢痕形成

けがややけどの瘢が醜くなったり、硬く引きつれる場合があります。形成外科的に瘢痕形成術を行います。

bind_free142.jpg

アンチエイジング手術

加齢による変化にたいして抗加齢医学的手術を行います。