千葉大学大学院医学研究院 臓器制御外科学教室
HOMEに戻る
千葉大学関連リンク
千葉大学
千葉大学医学部
千葉大学医学部附属病院
肝胆膵外科グループ
肝胆膵外科グループ メンバー紹介

診療内容
 当科は肝臓、胆道、膵臓の悪性、良性疾患に対する治療を担当としております。これらの領域の疾患は解剖学的な構造、およびその病態が複雑であり、その診療においてはきわめて専門的な知識、技術が必要となります。当科は、このような複雑で多岐にわたる肝臓、胆道、膵臓の疾患の専門家として、先進の診療方針、技術を取り入れるだけでなく、国内外に新たな情報を発信することで、世界的にも本領域のリーダーの一つとして認められています。
 対象疾患としては、まず、悪性腫瘍(癌)が中心となります。これらの疾患の診断には当院の消化器内科や放射線科をはじめとした他科とも連携しながら早期発見、病態の正確な把握に努めています。また、治療は外科切除を中心とした治療を行い、他の施設では困難な手術でも積極的に施行しております。一方、化学療法などの外科切除以外の治療方法と組み合わせる集学的治療にも積極的に取り組み、これらの疾患の治療成績の向上を目指しています。悪性疾患以外でも肝不全に対する移植治療や膵炎、胆石症、胆道狭窄などの疾患に対する外科治療も幅広く行っております。
 このように、当科では肝臓、胆道、膵臓疾患における外科診療のエキスパートとして、つねに努力を重ね、技術、知識を研鑽していく一方で、診療に際しては、患者様のお気持ちを十分に反映させた、患者様中心の医療を行うように心がけております。

肝臓

 B型肝炎やC型肝炎に併発することの多い肝細胞癌に対しては、積極的に外科切除を施行するよう心がけています。再発症例に対しても可能な限り、切除による治療成績の向上を目指しています。一方、肝動脈塞栓療法、肝動脈内抗癌剤注入療法、ラジオ波凝固療法など他の治療法と組み合わせた集学的な治療も行っています。また、転移性肝癌においては大腸癌の肝転移のみならず、胃癌の肝転移に対しても積極的な切除により、長期生存例を得ています。高度進行症例においては、抗癌剤を組み合わせた治療法や、血管合併切除再建などの高度な技術を生かして積極的に外科的切除を行っています。

胆道(胆管、胆嚢)

 胆道の悪性腫瘍は診断技術の発達した今日においても、進行した状態で診断されることが多く、外科的切除不能例も少なくありません。また、胆道は解剖学的な特徴から、その治療方針の決定はかなり専門的な知識、経験が要求されます。当診療科では広範な肝切除が必要となる高度進行症例においては、術前に門脈塞栓術を行い、術後の致死的な合併症である肝不全を防ぎつつ、手術適応の拡大、治癒切除率の向上を図っています。当初、切除不能と判断された進行胆道癌においても、化学療法を行うことで治癒切除が可能となる症例もあり、積極的な集学的治療による治療成績の向上に取り組んでいます。とりわけ胆管癌の手術においては世界一、二の成績を誇っており、新しい治療法の研究も積極的に行っています。

膵臓

 膵臓癌に対しては外科切除が唯一、治癒が見込める治療法です。しかし、この病気は症状が出にくく、また、早期癌の段階では特徴的な症状がほとんどないので、進行癌の状態で発見され、切除不能と判断されることも多い疾患です。我々の施設では進行癌に対しても積極的な拡大手術や血管合併切除なども行うことで、できる限り根治的な治療を目指しています。一方で、化学療法と組み合わせる集学的治療も臨床試験などを通して、その開発を行っています。このように外科切除だけでは限界のある治療成績の改善に取り組み、長期生存する症例も多く経験しています。一方、膵管内乳頭状粘液性腫瘍(IPMN)などの良性腫瘍に対しては、術後のQOLを目指した臓器機能温存手術を行っています。

肝移植

 原発性硬化性胆管炎などの進行性肝内胆汁うっ滞症や非代償期の肝硬変、劇症肝炎などに対して、生体肝移植を施行しています。また、肝硬変に肝臓癌を合併している場合でも、症例により生体肝移植が可能です。

腹腔鏡手術

 患者様の負担の軽減を図る目的で、腹腔鏡手術も積極的に導入しています。この手術は、おなかに何本かのトロッカーと言われる筒を挿入し、そこから、腹腔鏡(内視鏡)を挿入して映し出されたカメラの画像を見ながら、専門的な道具により手術を行う方法です。創が小さくて済むので、手術後の回復が早く、また、整容性(見栄え)も良いので、とても患者様に喜ばれる方法です。現在のところ、胆石症などの胆嚢疾患においては、単孔式手術により、これまでの腹腔鏡手術以上に負担の軽い手術術式を積極的に取り入れています。また、膵臓腫瘍(良性、または低悪性度腫瘍)、肝腫瘍の一部に対しても腹腔鏡手術による治療を積極的に行い、患者様の負担軽減に取り組んでいます。最近ではロボット支援手術についても臨床試験として取り組んでいます。

脾動脈塞栓術

 特発性血小板減少性紫斑病や球状赤血球症をはじめとした溶血性貧血、肝硬変に伴う血小板減少症などに対し、従来の手術療法である脾臓摘出術に変わり、血管造影検査下に脾動脈塞栓術を行うことにより、QOLを損なわない治療法を行っています。


ページの先頭へ

研究内容
 肝胆膵外科臨床においては切除が困難といわれている肝門部胆管癌をはじめとする胆道癌、膵癌、原発性および転移性肝癌などの外科治療を研究対象に、治療成績の向上ための新しい手技、治療法の開発、確立のための臨床研究を行っています。 また生体肝移植術も積極的に施行しており、その外科手術の研究も行っています。また、将来の新しい治療開発のための基礎的研究も行っており、国内外に多数発表しています。

臨床的研究

1. 肝門部胆管癌に対する術式の工夫と、拡大手術・縮小手術
2. 高度進行転移性肝癌に対する術前化学療法に関する研究
3. 黄疸肝における肝切除時の生体反応と術後合併症に関する研究
4. 膵・胆道癌に対する術後補助化学療法の有用性に関する研究
5. 肝膵切除時における免疫栄養療法の有用性に関する研究
6. 進行肝胆膵癌に対する術前化学療法の有用性に関する研究
7. 門脈・下大静脈腫瘍栓を有する進行肝細胞癌に対する積極的外科切除の治療成績
8. 進行膵癌に対する動・門脈合併切除再建の手術成績
9. 生体肝移植における自家静脈グラフトを用いた肝静脈再建の工夫

基礎的研究

1. 肝胆膵悪性腫瘍の病理学的および分子生物学的検討
2.  粘液産生胆道腫瘍の病態の解析
3.  癌細胞と周囲間質細胞の相互作用
4.  癌幹細胞の意義、役割の研究
5.  癌進展と炎症反応の関連に関する研究
6. 生体肝移植における過小グラフト克服に関する研究
7. 肝阻血再灌流障害の機序に関する検討
8. 肝胆膵悪性腫瘍における化学療法耐性因子の解明
9. プロテオミクスを用いた肝胆膵悪性腫瘍に対する早期診断・個別化治療の開発
10. 肝切除後の肝再生の分子生物学的機序の解明

最近の研究発表はこちら



HOMEに戻る 一つ前に戻る ページの先頭へ
Copyright(C) 千葉大学大学院医学研究院臓器制御外科学教室 2005-2015 All rights reserved.
サイトマップ