千葉大学脳神経外科

〒260-8670
千葉市中央区亥鼻1-8-1
043-222-7171(代表)

千葉大学脳神経外科の紹介
学生・研修医の皆様へ
当科の診療・研究の特徴
主催学会および研究の情報
当科の診療・研究の特徴
もくじ
脳腫瘍
脳血管障害
脊髄・脊椎疾患
頭部外傷
特殊な放射線治療
機能的脳神経外科 他
てんかんの外科
  三叉神経痛・片側顔面けいれん
  脳深部刺激療法
  神経内視鏡
  手術で治る痴呆
  脳神経疾患に対するPET検査
機能的脳神経外科 他 三叉神経痛・片側顔面けいれん
三叉神経痛や片側顔面痙攣は『微小血管減圧術』という手術により治る
千葉中央メディカルセンター
山上岩男
三叉神経痛とは

顔面におこる突発的な激しい痛みです。痛みは、"電撃痛"とも表現されるように、突然やってくる、走るような痛みです。痛みは数秒以内で消えて、痛みがない時間には何ら症状がありません(症状が進行してくると、痛みの頻度が増えて、痛みのあい間にも、痛みが何となく残っているように感じることもあります)。痛みは、何のきっかけもなく、全く突発的にやってくることも多いのですが、話をしたり、食事をしたり(ものをかんだり)、歯を磨いたりすることなどにより、痛みが誘発されることもしばしばです。症状が進行すると、痛みのために、食事をとることも、話をすることもできなくなるほどです。顔面の感覚(痛みや触覚など)は、三叉神経という神経により行われていますので、三叉神経痛と呼ばれています。

片側顔面痙攣とは

片側の顔面の筋肉が、無意識のうちに(つまり不随意に)、ぴくぴく引きつるように動いてしまう病気です。片側の顔面の痙攣(ぴくつき)が、不随意に、発作性に、反復性におこる病気です。最初は、目の周囲の筋肉(眼瞼)がぴくつくことから始まります。時間がたつにしたがい、ぴくつく範囲や程度、頻度が増えて行きます。目の周囲だけでなく、鼻、口の周囲に広がっていきます。痙攣の頻度が少ない頃、痙攣のあい間には、顔面のゆがみなどはありませんが、痙攣の頻度が増え、痙攣が絶え間なくおこるようになると、顔面がゆがんだままになったり、ほとんど片目がつぶったままになってしまいます。顔がぴくつくというだけで、命に関わる病気ではありませんが、とくに顔貌を大切にする女性にとっては、とってもわずらわしい病気です。悪いことに、この病気は女性に多いのです。顔面の筋肉の動きは、顔面神経という神経により行われています。

なぜ三叉神経痛や片側顔面痙攣がおこるのか?

三叉神経痛や片側顔面痙攣は、それぞれ三叉神経と顔面神経に対する血管圧迫が原因で発生します。三叉神経や顔面神経は、“脳幹(のうかん)”と呼ばれる脳の部分から出て、頭蓋骨の小さな穴を通り、顔面に出てきます。神経が脳幹から出た直後の部分(神経出口部)において、血管(多くの場合は、直径1ミリ程度の動脈)により圧迫されることが、三叉神経痛や片側顔面痙攣の原因となるのです。持続的な血管圧迫により障害された神経が、異常興奮をおこすことで、顔面の突発的な痛みや痙攣がおこるようになります(図1)。神経に対する血管圧迫を取り除くことにより、病気の治療ができることになります。

微小血管減圧術とは?

微小血管減圧術は、三叉神経痛や片側顔面痙攣の原因となっている神経に対する血管圧迫を取り除く手術法です。この脳神経外科手術は、1970年代から行われるようになり、すでに歴史的にも確立されています。微小血管減圧術により、三叉神経痛や片側顔面痙攣の80%〜90%において、長期的な手術効果が得られます(図2、図3)。


図2 片側顔面痙攣に対する微小血管減圧術
顔面神経が脳幹から出た直後の部分で、血管により圧迫されています。神経に対する血管圧迫を取り除きます。

図3 三叉神経痛に対する微小血管減圧術
三叉神経痛を奥から圧迫している血管が圧迫により細くなった神経の部分から透けて見えます(矢印)
 

※図3のビデオをご覧になりたい場合はここをクリックしてください。

高解像MRI(CISS法)による診断

私たちは、微小血管減圧術を行う前に、CISS(キス)法と呼ばれる特殊なMRI検査を行い、神経と神経を圧迫している血管の関係を確認しています。三叉神経痛や片側顔面痙攣の原因となっている神経や血管は、わずか1ミリメートルほどの太さです。このように小さな神経と血管との関係を、CISS法は正確に教えてくれます。手術前に正確な診断ができ、手術をより安全に、より効果的に行うことができるのです(図4、図5) 。


図4 CISS法による三叉神経痛の診断(1)
圧迫する血管が、三叉神経の上に乗っているのがわかります。

図5 CISS法による三叉神経痛の診断(2)
血管が三叉神経を上から圧迫し、圧迫されている部分で神経が曲がっているのがわかります。
ページのトップへ戻る

無断転写はお断りします。必ず事前にご連絡ください。